クランベリーのダイエット効果とは?

クランベリーのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

クランベリーは、ツツジ科ツルコケモモ属の小果樹で、北欧や北アメリカの寒冷地に自生しています。北米三大フルーツとも言われ、世界中で愛好者が多いです。プロアントシアニジンやポリフェノール、ビタミンCなども豊富なので、栄養価が高いフルーツとしても知られています。

 

果実自体には、酸味が強くて食べにくいですから、ジャムやジュースなどにして食べられることが多いです。強い抗酸化作用がありますから、基礎代謝のアップや美肌効果などが期待できます。女性には、おススメのフルーツだといえます。

 


スポンサーリンク

 

クランベリーがダイエットに効く理由

 

基礎代謝を高める

 

クランベリーに含まれるプロアントシアニジンには、強い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、活性酸素を除去することができる作用のことです。活性酸素は疲労の原因となる物質なので、筋肉や臓器などの器官の活動を弱めてしまいます。

 

しかし、プロアントシアニジンの抗酸化作用のおかげで、活性酸素を除去して体の器官の活動を活発にすることができます。そうすれば、基礎代謝を高めて消費エネルギーを増やすことに繋がります。

 

 

むくみの解消

 

プロアントシアニジンは、肝臓の機能を活発にする働きもあります。肝臓が活発になることで利尿作用が促進されるので、体内の余分な水分を排泄することができるわけです。なので、むくみや水太りの解消に繋がります。

 

また、老廃物や有害物質も尿と一緒に排泄できるので、アンチエンジングなどに効果が期待できます。

 

 

美肌効果

 

クランベリーには、ポリフェノールやビタミンCなども豊富に含まれています。なので、肌の細胞を活発にして、美肌効果を維持することができます。シミやたるみなどが気になる人は、クランベリーを食べるようにしましょう。

 

 

クランベリーダイエットの実践

 

クランベリーは、生のままだと酸味が強すぎるので、調理して食べる必要があります。なので、クランベリーを使ったレシピをいくつか覚えておくようにしてください。そうすれば、毎日の食事に取り入れることができます。

 

そこで、おススメのレシピを紹介します。

 

 

小魚&ナッツ&クランベリー炒め

クランベリーのダイエット効果・効能とは?痩せるレシピも公開中!

 

小魚には、カルシウムが豊富に含まれています。カルシウムには、脂肪の吸収を抑える働きがあるので、ダイエット時には最適ですよ。

 

・材料
いわし:200g
ミックスナッツ:適量
ひまわりの種:適量
ドライクランベリー:適量

 

credit:クックパッド

 

 

クランベリードレッシング

クランベリーのダイエット効果・効能とは?痩せるレシピも公開中!

 

ドレッシングを作れば、色々な料理に合わせることができます。混ぜるだけで作れるので、誰でも簡単にできるはずです。

 

・材料
クランベリージャム:大さじ1
酢:大さじ1
なたね油:大さじ1
塩:小さじ1
レモンやすだち:少々

 

credit:クックパッド

 

 

クランベリーバルサミコソースの鶏肉ソテー

クランベリーのダイエット効果・効能とは?痩せるレシピも公開中!

 

鶏肉は、高タンパク低カロリーなので、筋肉を増強する効果があります。基礎代謝を高めるにも最適なので、積極的に食べるようにしましょう。

 

・材料
ドライクランベリー:10粒
鶏もも肉:80g
玉葱中:8分の1個
ぶなしめじ:5分の1房
ニンニク:2分の1片
チキンコンソメキューブ:6分の1個
お酒:大さじ3
オリーブオイル:小さじ1
バルサミコ酢:大さじ1
塩こしょう:少々

 

credit:クックパッド




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク