コーヒーのダイエット効果とは?

コーヒーのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

コーヒーは、コーヒー豆を焙煎して、水やお湯で成分を抽出した飲み物です。独特の苦みがあるので、大人の飲み物として人気があります。また、色々な薬効もあるとされていて、血糖値を下げて糖尿病を防止したり、ガンや動脈硬化を防ぐ働きがあります。

 

また、ダイエットにも効果的で、脂肪を分解したり基礎代謝を向上させたりする作用がありますから、痩せたい人は日常的に飲むようにしましょう。苦みが嫌いな人も多いかもしれませんが、ダイエット効果が高い飲み物なので、挑戦してみてください。

 


スポンサーリンク

 

コーヒーがダイエットに効く理由

 

脂肪を分解する

 

コーヒーのカフェインには、リパーゼという脂肪分解酵素が含まれています。また、クロロゲン酸と呼ばれる成分にも、脂肪を分解する効果があります。なので、リパーゼとクロロゲン酸のダブル効果で、体脂肪を効率よく燃やすことができるということです。

 

 

むくみを解消する

 

コーヒーには、強い利尿作用があります。なので、体内の余った水分を排出することができて、むくみや水太りを解消することができるわけです。また、体内の老廃物も出すことができますから、デトックス効果によってエネルギー消費が効率よく行われるようになります。

 

 

基礎代謝のアップ

 

カフェインを摂ると、血行が良くなって臓器や器官が活発に動くようになります。そうすることで、基礎代謝をアップさせることができ、消費カロリーを増やすことができるわけです。他にも、血の流れが良くなることで、冷え性や肩こりなどを解消することもできます。

 

 

コーヒーダイエットの実践

 

脂肪燃焼効果の高いコーヒーですが、飲むだけでなく運動も取り入れないといけません。コーヒーと運動を組み合わせることで、効率よく脂肪が燃えていくわけです。なので、運動前にコーヒーを飲むようにしましょう。

 

カフェインの効果が出始めるまでに、30分程度の時間が掛かると言われています。なので、運動の30分ほど前に、コーヒーを飲むことをおススメします。

 

 

そして、より効果を高めるために、ホットで飲むようにしてください。温かいコーヒーを飲んだほうが、ダイエットに効く成分を効率よく吸収することができます。さらに、砂糖やミルクを入れずに、ブラックで飲むようにしましょう。混ぜ物をするとカロリーが高くなってしまいますし、効果も出にくくなります。

 

コーヒーの効果は、3〜4時間程度持続すると言われているので、頃合いを見てこまめに飲むようにしましょう。ただし、1日に3杯までにしてください。飲み過ぎるとカフェインの過剰摂取となってしまいます。カフェインを摂りすぎると、肥満や糖尿病になるリスクが高くなるので気を付けるようにしましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク