チアシードのダイエット効果とは?

チアシードのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

チアシードとは、南米で栽培されている果実の種です。ゴマのような見た目をしていて、食物繊維やα-リノレン酸、アミノ酸などが豊富に含まれています。疲労回復や老化防止、肝機能の向上などの作用があるので、健康にも良い食材です。

 

また、脂肪を燃やしたり、便秘を解消することもできるので、ダイエット目的で食べるのも効果的ですね。ここでは、チアシードのダイエット効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

チアシードがダイエットに効く理由

 

脂肪を燃やす

 

チアシードには、α-リノレン酸やリノール酸などが多く含まれています。これらは、必須脂肪酸と呼ばれていて、健康維持に欠かせない脂肪酸です。必須脂肪酸は、脂肪燃焼に効果的な成分で、サプリメントなどにも使用されています。

 

なので、チアシードを食べることで、効率よく脂肪を燃やすことができるわけです。また、血中の中性脂肪を減らすこともできますから、肥満解消に効果的です。

 

 

満腹感を得やすい

 

チアシードを食べると、胃の中で種子表面の繊維が10倍ほどに膨らみます。なので、少量でもお腹を満たすことができ、空腹を和らげることができます。また、間食として食べることで、おやつなどを食べなくて済みますから、摂取カロリーを減らすのに効果的です。

 

ストレスが溜まると食べ過ぎてしまう人は、チアシードを活用してみてください。食事の量を上手く減らすことができるはずです。

 

 

便秘の解消

 

チアシードの4割は、食物繊維で構成されています。なので、腸内の便を押し出す効果があり、便通を改善することができるわけです。また、腸内の老廃物も一緒に排出できるので、デトックス効果による老化防止や疲労回復が期待できます。

 

 

チアシードダイエットの実践

 

食前に、チアシードを大さじ1杯程度食べます。こうすれば、満腹感を得やすくなりますので、少ない食事量で満足することが可能です。また、余計な脂肪分が燃えやすくなりますから、ダイエットのサポートをすることができます。

 

ただし、チアシードを食べるだけで、劇的に体重が落ちるわけでは無いので、有酸素運動などを取り入れるようにしてください。運動と食事を組み合わせることが、正しいダイエットの基本となります。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク