にがり水のダイエット効果とは?

にがり水のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

にがりとは、海水からとった食品添加物です。主成分として塩化マグネシウムが含まれており、豆腐を使う時などによく使われますね。にがりには、がんを予防したり、花粉症や糖尿病、高血圧を防ぐ効果があります。

 

また、便秘を解消したり、脂肪を燃焼したりなどのダイエット効果が期待できますから、毎日の食事に取り入れてみましょう。テレビや雑誌で話題になった方法なので、一定の効果は望めるはずです。

 

にがりのダイエット効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

にがりがダイエットに効く理由

 

脂肪が付きにくくなる

 

にがりには、糖質が血液に吸収されるスピードを遅くする働きがあります。つまり、血糖値の上昇を緩やかに出来るということです。急に血糖値が上がってしまうと、肥満ホルモンのインスリンが分泌されるので、体脂肪が蓄積されてしまいます。しかし、血糖値の上昇を抑えることで、インスリンが分泌されずに脂肪が溜まりにくくなるということです。

 

また、マグネシウムの効果で脂肪の分解が遅くなりますから、肥満を予防することもできます。にがりを摂ることで、糖質と脂肪の吸収がゆっくりになり、脂肪が付きにくくなるということですね。

 

 

便秘の解消

 

にがりに含まれるマグネシウムには、便を柔らかくして排泄を促す働きがあります。便通を改善することで、余計な老廃物を排出することもできますから、効率よく消化できるようになり、エネルギー代謝を高めることができます。

 

 

脂肪の燃焼

 

マグネシウムには、カルシウムの吸収を促進する働きがあります。なので、代謝を高めて脂肪を効率よく燃やすことが可能です。さらに、ビタミンB1を摂ることで、より効率よく脂肪を燃やすことができるようになるので、皮下脂肪や内臓脂肪を減らすことができます。

 

なので、ビタミンB1を多く含む豚肉やほうれん草などを、積極的に食べることをおススメします。

 

 

にがり水ダイエットの実践

 

にがりを水に溶かして、「にがり水」を作ることで簡単に摂取することができるようになります。にがり水を食前や食事中に飲むようにすれば、マグネシウムによって脂肪が付くのを抑えることができますよ。

 

また、色々な料理にも活用できますから、そういったレシピを覚えておくようにしてください。そこで、おススメのにがりを使ったレシピを紹介します。

 

 

うなぎ豆腐

にがり水のダイエット効果とは?痩せるレシピも公開中!

 

豆乳には、大豆たんぱく質やサポニンなどが豊富に含まれるので、ダイエット効果が高いです。また、うなぎも高タンパク食材なので、代謝を高めるのに有効です。

 

・材料
無調整豆乳:200cc
ニガリ:小さじ1
うなぎの蒲焼き:2切れ
わさび:少々

 

credit:クックパッド

 

 

豆腐スープ

にがり水のダイエット効果とは?痩せるレシピも公開中!

 

高タンパク低カロリーのスープなので、ダイエット時におススメです。また、身体を温める効果がありますから、エネルギー代謝が良くなります。

 

・材料
出し汁:300cc
酒:大さじ1
豆腐:100g
長ねぎ:2cm程度
えのき茸ブラウン:1/4株程度
明太子:小1/2腹
ニガリ:小さじ1

 

credit:クックパッド

 

 

茶碗蒸し

にがり水のダイエット効果とは?痩せるレシピも公開中!

 

栄養たっぷりの茶わん蒸しです。低カロリーで太りにくいですから、ダイエット時に活用してみてください。

 

・材料
豆乳:500ml
にがり:小さじ2強
だしの素:大さじ1〜1.5
カボチャパウダー:小さじ3〜4
干ししいたけ:1〜2枚
鶏肉:2,3切れ×人数分
ぎんなん:適量
かまぼこ:2,3枚×人数分
みりん:小さじ1〜2
ホウレン草:適量
白だし又はだし醤油等:少々

 

credit:クックパッド




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク