ビールのダイエット効果とは?

ビールのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

お酒の中で最もポピュラーなのが、ビールですよね。でも、ビールを飲むと、太ってしまうと思っていませんか?実際、ビール腹なんて言われるほど、中年男性が太る原因はビールだと思われがちです。

 

しかし、ビールが原因で太る心配はありません。カロリーの半分以上は、アルコールによるものですから、脂肪として体内に溜まることは無いわけです。それどころか、基礎代謝を高めて脂肪を燃焼させたり、むくみや便秘を解消させたり、ダイエットに効果的に働いたりします。

 

なので、痩せたい人は、ビールを活用してみましょう。ここでは、ビールのダイエット効果を紹介します。

 


スポンサーリンク

 

ビールがダイエットに効く理由

 

満腹感を得やすい

 

食前にビールを飲むことで、炭酸によって胃を膨らませることができます。すると、満腹感を得ることができますから、少ない食事量で満足することができるわけです。摂取カロリーを減らすことができるので、適度なビールはダイエットに効果的です。

 

 

基礎代謝を高める

 

ビール酵母には、基礎代謝を高める効果があることが分かっています。なので、筋肉や臓器の働きを強めて、消費カロリーを増やすことができるわけです。さらに、ビタミンB群や10種類以上のアミノ酸なども含みますから、脂肪の燃焼効果もあります。

 

 

便秘やむくみの解消

 

ビール酵母に含まれる食物繊維は、腸内に溜まった便を押し出してくれるので、便秘の解消効果があります。なので、胃腸の消化能力を高めることができ、余計な脂肪が溜まりにくい状態にしてくれます。

 

さらに、利尿作用も強いので、体内の水分を押し出すことができ、むくみや水太りを解消することが可能です。老廃物も一緒に流すことができるので、肌荒れやニキビの予防にも効果的ですよ。

 

 

ビールダイエットの実践

 

食前に缶ビールを1缶飲むようにしましょう。最近では、カロリーオフのビールが販売されているので、そういったものを飲むのがおススメです。そうすれば、炭酸によってお腹が満たされるので、満腹感を得やすくなります。

 

ただし、医者からアルコールを止められている人や極度にお酒が弱い人は、控えるようにしてください。ビールを飲んで健康を害してしまったら、意味がありませんからね。また、ビールを飲むだけでなくて、規則正しい食生活や適度な運動なども意識していきましょう。

 

そうすることで、健康的に痩せることができるようになるはずです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク