バナナのダイエット効果

バナナのダイエット効果

このエントリーをはてなブックマークに追加  

バナナダイエットは、過去に大流行しましたよね。テレビで放送されてから、全国のスーパーなどでバナナが売切れたりするほどブームとなりました。

 

すごく簡単で誰でも取り組めますから、実際に痩せることが出来た人もいるようです。

 

ここでは、バナナダイエットの方法について、解説をしていきます。

 


スポンサーリンク

 

バナナダイエットで痩せる理由とは?

 

まず、なぜバナナを食べるだけで、痩せることが出来るのかということから理解しましょう。ダイエットをするうえで、最も大切なことは継続することです。毎日続けることが出来なければ、どんな方法であっても痩せることは出来ません。

 

なので、そもそも続けることが出来ないで挫折する人が多いんですね。でも、バナナダイエットであれば、朝食にバナナを食べるだけなので毎日続けやすいわけです。特に、バナナは皮をむくだけで食べられるので、忙しい朝であっても実践できます。簡単に続けられるという点が、重要な要素ですね。

 

しかも、バナナは消化しやすいですから、胃腸の活動が弱い午前中であっても効率よくエネルギーに変えることが可能です。

 

 

また、バナナダイエットでは、水を多量に飲みます。たっぷりと水分を摂ることで、体内の循環を良くすることができるので、老廃物を排泄することが出来るわけです。さらに、水は内臓で分解する必要が無いために、内臓を休めることができます。

 

つまり、消化に良いバナナと水を朝食に食べることで、内臓を休めることができ体の循環も良くなるので、老廃物が溜まりにくい体になることができるんです。その結果、太りにくく痩せやすい体質になることが出来ます。

 

 

バナナダイエットのメリットについて

 

では、バナナダイエットをすることによるメリットを見ていきましょう。

 

 

水分補給ができる

 

先ほども伝えたように、朝に多量の水を飲むようにすることで体内の循環が良くなります。体の中の老廃物の排泄を促進するので、痩せやすい体質に変えることができます。

 

 

不足しがちな栄養素を補給できる

 

バナナには、ビタミンやミネラル、食物繊維などが多量に含まれています。これらは、現代人に不足しがちな栄養素なので、効率よく摂取できるのはメリットだと言えるでしょう。

 

 

老化防止になる

 

バナナに含まれるポリフェノールやオイゲノールと言われる成分には、強い抗酸化作用があります。これらは、老化防止に役立つとされているのでアンチエイジングにも効果がありますね。

 

 

胃腸を休めることが出来る

 

バナナはそれ自体が消化に優しい食べ物なので、胃腸に負担をかけなくて済みます。また、水を飲むことも、胃腸に負担をかけません。そうすることで、昼食や夕食において胃腸をフル活用できるので、食べた脂肪などを効率的に燃やすことが出来ます。

 

 

間食を抑えることができる

 

バナナに糖分が含まれているので、おやつなどで甘いものを食べなくて済みます。糖質の摂取量を抑えることができますから、脂肪が付くのを防ぐことに繋がります。

 

 

バナナダイエットのやり方

 

 

1.朝食にバナナをよく噛んで食べる

 

基本的には、バナナを食べるだけでOKです。朝食としてバナナを食べましょう。注意するべきなのは、他の食材を食べないことですね。バナナを単品で食べることで、消化されやすくエネルギーに変わりやすい食事となります。

 

また、本数は何本でも構いません。自分が好きなだけ食べるようにしましょう。時間が無い時でもすぐに食べられますから、毎日続けるようにしてください。

 

 

2.水をたくさん飲む

 

意識的に、水を飲むようにしてください。水分補給をマメにすることで、老廃物の排泄を促すことが出来ます。特に、朝起きてから多めの水を飲めば、体内の循環も良くなります。内臓を休めるためにも、水はしっかりと飲みましょう。

 

 

3.昼食やおやつは普通に食べても良い

 

午前中にバナナを食べて内臓を休めているのであれば、昼食はしっかりと食べても問題ありません。消化能力が高まっているので、脂肪分なども効率よく燃焼してくれるはずです。ヘルシー和食などを意識して食べると、効果的に痩せることが出来るでしょう。

 

また、おやつに関しても、少しくらいなら大丈夫です。ただし、1種類までにしてください。

 

 

4.夕食は寝る3時間前までに食べる

 

夕食を食べる時間には、かなり気を遣ってください。夜遅くに食べてしまうと、胃腸が活動したまま眠ることになります。そうすると、身体が休まらないために、疲れが抜けなくなってしまいます。結果的に、代謝が悪くなって、太りやすい体質になるので気を付けましょう。

 

 

5.早く寝る

 

疲れを溜めないことは、ダイエットの基本となります。なので、遅くても24時までには、寝るようにしてください。早く寝る習慣を付けていれば、痩せやすい体質を作ることが出来ます。なので、寝る時間を意識的に考えるようにしてください。

 

 

 

以上、バナナダイエットについて解説しました。簡単な方法ですから、ぜひやってみてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク