バナバ茶のダイエット効果・効能とは?

バナバ茶のダイエット効果・効能とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

バナバとは、フィリピンなどでよく見られる、ミソハギ科サルスベリ属の植物です。昔から健康茶として飲まれていて、ミネラルや食物繊維、コロソリン酸などが豊富に含まれています。他にも、カルシウムやカリウム、マグネシウム、亜鉛なども含まれるので、骨粗鬆症や肌荒れ、貧血などに効果があります。

 

他にも、血糖値を下げたり、活性酸素を除去する効果などが期待できるので、肥満の防止や疲労回復などにもおススメです。ここでは、バナバの効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

バナバがダイエットに効く理由

 

活性酸素を除去する

 

バナバには、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。活性酸素が体内に溜まってしまうと、細胞や血管にダメージを与えて、活動を弱めてしまいます。その結果、疲労感や倦怠感、がんや脳卒中などの生活習慣病の原因となったりするわけです。

 

しかし、バナバを摂取すれば活性酸素を除去できるので、細胞や筋肉を活発に動かせるようになって基礎代謝を高めることができます。つまり、エネルギーを消費しやすい体になるので、太りにくくなるということです。

 

 

肥満を防止する

 

バナバに含まれるコロソリン酸には、糖を細胞内に素早く吸収させる効果があります。なので、糖分が血液に流れる量を減らすことができ、血糖値の上昇を抑えることができます。人の身体は血糖値が上昇すると、インスリンが分泌されて体脂肪が合成するという働きがあります。

 

しかし、バナバによって血糖値が上がらなければ、インスリンも分泌されませんので脂肪が付きにくいというわけです。

 

 

便秘の解消

 

バナバには、食物繊維が豊富に含まれています。なので、腸に溜まった宿便を吸着して、一緒に排泄させる効果があります。また、腸内の善玉菌のエサにもなるので、腸内環境を活発にして便秘を解消させることができるわけです。

 

さらに、体内の老廃物や毒素も一緒に排泄できるので、免疫力を高めて病気を予防する効果も期待できます。

 

 

バナバダイエットの実践

 

バナバのお茶やサプリメントは、一般に市販されています。なので、そういったものを使って摂取するようにしましょう。食前にお茶やサプリメントを飲むことで、血糖値の上昇を抑えて脂肪が付きにくくなります。

 

1日の目安としては、お茶を3〜5杯程度です。これだけ飲めば、ミネラルや食物繊維も十分に摂ることができるので、健康にも良いですよ。日常的に、バナバを摂れば痩せやすい体質になれるはずです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク