小豆のダイエット効果とは?

小豆のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

小豆とは、マメ科ササゲ属の一年草で、日本では古くから食べられている食材ですね。ぜんざいや赤飯など、おめでたい時に食べる傾向があります。日常的に食べる人は少ないかもしれませんが、小豆には栄養がたっぷりなので体にすごく良いんです。

 

タンパク質やビタミンB1などを多く含むので、疲労回復効果などが期待できます。また、脂肪を付きにくくしたり、むくみを解消したりできますから、ダイエットにも効果があるんです。毎日の食事に小豆を取り入れることで、効率良く痩せましょう。

 


スポンサーリンク

 

小豆がダイエットに効く理由

 

脂肪が付くのを抑える

 

小豆に含まれるサポニンには、余分な脂肪や糖質の吸収を抑える働きがあります。なので、肥満を解消する成分として、注目を集めています。また、血流を改善する効果もあるので、血行が良くなって基礎代謝を向上させることもできるわけです。

 

 

むくみの解消

 

カリウムが含まれているので、高い利尿作用が期待できます。体内の余分な水分を排泄することができますから、むくみや水太りを解消できるわけです。また、余計な毒素も一緒に排出できるので、内臓機能の向上やアンチエイジング効果があります。

 

 

中性脂肪を減らす

 

小豆のアントシアニンは、血中の中性脂肪やコレステロールを低下させる働きがあります。これによって、肥満を防ぐことができます。また、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの予防にもつながります。生活習慣病の予防のためにも、小豆を食べるようにしましょう。

 

 

小豆ダイエットの実践

 

小豆には、ダイエットに有効な成分が多く含まれていますが、煮ることでその多くが流れ出てしまいます。なので、煮汁を飲まないと、あまりダイエット効果は期待できません。ですから、煮汁を作っておいて、それを何回かに分けて飲むことをおススメします。

 

【煮汁の作り方】

  1. 小豆と水を1:4の割合で火にかける
  2. 2〜3分ほど沸騰させたら、いったん茹で汁は捨てる
  3. また、同じ量の水を入れて沸騰させる
  4. 小豆が柔らかくなったら、煮汁を容器に移して完成

 

1日3回ほどに分けて、煮汁を飲むようにしてください。食前に飲むようにすると良いでしょう。また、煮込んだ小豆にも栄養が入っているので、料理に混ぜて食べてくださいね。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク