運動に適した時間帯とは?

運動に適した時間帯とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ダイエットのために運動をする場合、どの時間帯に行うのが最も適しているでしょうか。実は、時間帯によって体内の環境が異なるために、運動をしても効果が違ってくるんです。なので、最も適した時間に運動をすることで、ダイエット効果を最大限に高めることができます。

 

まず、運動を避けるべき時間帯の説明をします。食事後30分以内や極度の空腹時は、運動を避けた方が良いでしょう。食事後は、胃や腸に血液が大量に必要となります。なので、運動をしてしまうと、全身に血液が足りなくなってしまって心臓に負担をかけてしまう可能性があります。

 

また、極度の空腹時には、血糖値が低くなっています。そこで激しい運動をしてしまうと、貧血や不整脈を引き起こすことがあります。なので、運動前には、バナナやリンゴなどの消化吸収の良いモノを、少量食べることをおススメしますね。

 


スポンサーリンク

 

時間帯別の運動の注意点

 

午前中

 

最も脂肪の燃焼効果が高いのは、午前中の運動だと言われています。朝起きた時には、適度な空腹感があって、血糖値が低い状態です。なので、この時にジョギングなどを行うことで、脂肪の燃焼効果が非常に高くなります。

 

ただし、上記で説明したとおり、空腹時の激しい運動は危険です。なので、少量の朝食を食べてから、軽く汗を流すような運動を20〜30分してみてください。交感神経が活発になって目が覚めますし、気分も良くなるはずです。

 

 

また、運動後は代謝が上がりますから、その後6時間程度は脂肪の燃焼効果が高くなります。なので、午前中に運動をしておけば、日中の活動によって脂肪が燃えやすくなるということです。ですから、一日中脂肪が燃えやすい状態をキープできます。

 

 

昼や夕方

 

体の機能が活発になっているので、最も運動に適している時間帯です。激しい運動をしても大丈夫ですし、思いっきり体を動かすことができます。なので、ハードな筋トレなどを行うのは、この時間帯がおススメですね。

 

仕事の休み時間などに、簡単な運動やストレッチなどを行うだけでも、継続すれば効果が実感できると思います。

 

 

 

夜中に激しい運動をすると、交感神経が活発になるので眠れなくなることがあります。なので、軽く流す程度に、運動するのが良いですね。30分前後のジョギングであれば、問題ありません。

 

また、夕食後に運動をする人も多いでしょう。その場合には、20時くらいまでには、夕食を済ませるようにしてください。あまり遅くに運動をすると、眠れなくなる可能性が高くなってしまいます。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク