ストレッチのダイエット効果とは?

ストレッチのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

基礎代謝を上げるためには、筋トレが大切です。しかし、それと同じくらいストレッチも大切なんです。血行を良くして体温が上がりやすくなるので、基礎代謝が非常に上がりやすくなります。また、全身の筋肉をほぐすことができますし、老化防止にもつながります。さらに、体が柔らかくなってケガを防止することもできるので、色々なメリットがあるわけです。

 

なので、時間を見つけては、ストレッチをするようにしましょう。特におススメなのは、起きてすぐ寝る前に行うことです。起きてすぐのストレッチは、全身の筋肉をほぐして血行を良くしてくれます。だから、朝から基礎代謝が高い状態で活動することができます。

 

また、寝る前のストレッチは、1日の疲れを取って睡眠の質を高めることができます。深く眠ることもダイエットには重要なので、これらの時間帯にストレッチを行うと、かなり効果的だといえますね。

 


スポンサーリンク

 

起きてすぐのストレッチ

 

全身を伸ばす

 

朝起きたら、布団から出ずに仰向けの状態になります。そして、足を肩幅に開いて、両手両足を遠くへ引き伸ばします。この時に、大きく息を吸い込むのがポイントです。最後まで伸ばし切ったら、息を止めてキープしましょう。そして、耐えられなくなったら息を吐き出してください。

 

 

体をひねる

 

仰向けに寝て、両手両足を広げてリラックスします。そして、左ひざを立てて右側にゆっくりと倒します。このとき、体は左側にひねるようにしましょう。さらに、そのままの態勢で10秒間停止します。これを反対側もやっていきます。

 

 

腹筋を鍛えるストレッチ

 

仰向けになって、頭の後ろで両手を組みましょう。そして、おへそを見て息を吐きながら、肩甲骨を少しだけ浮かせます。次に、息を吐きながら元へ戻します。これを、10セットくらい行ってください。腹筋だけでなく、全身に血を送ることができますよ。

 

 

骨盤を引き締める

 

仰向けで、両足を親指をくっ付けるようにします。そして、息を吐きながら、両足を30センチほど上へあげます。この時に、親指が離れないようにしてください。次に、息を吐き切ったら、足を元に戻します。これを2〜3回行うことで、骨盤を引き締めることが可能です。

 

 

寝る前のストレッチ

 

股関節のゆがみを改善する

 

床に女の子座りをしましょう。足首を太ももから遠ざけて、ひざが浮くくらいまで持っていく。そして、両手で膝を抑えつけながら、30秒ほどキープします。こうすることで、股関節のゆがみが解消されて、下半身のバランスが良くなります。

 

 

下半身の脂肪を燃焼

 

仰向けに寝て、膝を軽く曲げます。そして、そのままで脚を上げていきます。この時に、足首と膝をくっ付けた状態で行ってください。これを、10回ほど行いましょう。単純な動きですが、やってみると結構キツイです。

 

 

全身の筋肉を整える

 

うつ伏せに寝て、右腕と左足を天井に向けて上げていきます。限界まで上げたところで、10秒間キープしましょう。次に、反対側も同じように行います。これをすれば、腕や脚、背筋や広背筋などをまんべんなく鍛えることができます。

 

 

全身の脂肪を燃焼させる

 

天井を向いて、両手を床について脚をまっすぐ伸ばします。腕立て伏せの逆向きのような状態です。そして、全身をピンと伸ばしながら、10秒間キープします。体をまっすぐの状態に保つのは、かなり力を使いますから脂肪の燃焼効果は高いです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク