筋肉量を増やせば、基礎代謝は上がる

筋肉量を増やせば、基礎代謝は上がる

このエントリーをはてなブックマークに追加  

人の体は、血液や筋肉中にある糖質をエネルギーに変えています。これは、日常の生活をしているときや、運動をするときも同じです。そして、何もしなくても消費されるエネルギーを基礎代謝といいますが、これは1日に使う総エネルギーの70%を占めます。

 

なので、この基礎代謝を高めることが、消費カロリーを増やすために必要なことなんです。そして、この基礎代謝のうち40%を占めるのが筋肉と言われています。なので、筋肉量が多いほど基礎代謝も高くなるので、脂肪が燃えやすいということです。

 

ですから、寝ている間に勝手に痩せるということも可能ということですね。もちろん、そのためには、筋トレをして筋肉量を増やす必要があります。筋肉トレーニングは、無酸素運動なので脂肪の燃焼効果はありません。しかし、筋肉が付けば脂肪を燃やすことができるので、しっかりと行った方が良いですね。

 


スポンサーリンク

 

人が使うエネルギーの種類とは?

 

何もしなくても消費されるエネルギーを、基礎代謝だと説明しましたよね。これは、1日のエネルギーの70%を占めるほど大きなものです。では、残りの30%は、どうなってるのでしょうか?

 

そのうちの20%は、身体活動代謝と言われるものです。これは、日常生活で体を動かした際に、使われるエネルギーのことです。食事をしたりお風呂に入ったり、漫画を読んだりした時に消費されるエネルギーですね。

 

そして、残りの10%を食事誘発体熱産生といいます。これは、食事をして消化・吸収する際に消費されるエネルギーです。胃や腸を動かして消化活動をするときに、こういったエネルギーが使用されるわけです。

 

 

基礎代謝を高めるためには、筋肉が必要

 

先述したように、基礎代謝のうち40%を占めるのが筋肉だと言われています。つまり、全体のエネルギーで考えると、約30%ほどは筋肉が消費しているということです。そして、筋肉はそれを維持するためにエネルギーを消費するので、筋肉量が多いほど消費エネルギーも増える傾向にあります。

 

だから、筋肉を付ければ、基礎代謝が上がってドンドン痩せやすくなるということです。何もしなくても脂肪を燃やしてくれますし、食べ過ぎたとしてもそれが体脂肪になる前に燃焼されてくれるわけです。夢のようなことですよね。

 

筋肉を付けることができれば、それが実現できます。だから、太りにくく痩せやすい体を作るためには、筋トレをすることが必要不可欠です。でも、トレーニングをすると、筋肉で脚や腕が太くなってしまうと不安になる人も多いでしょう。

 

ただ、女性の場合だと、男性ホルモンが少ないので筋肉は太くなりにくいです。だから、専門的なトレーニングをしない限り、体が太くなる心配はありません。

 

 

また、一般的に20代をピークとして、年を取るごとに基礎代謝は下がる傾向にあります。ですから、ちゃんと筋肉を鍛えておかないと年々太りやすくなるということです。これを防ぐためにも、しっかりと体を鍛えるようにしてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク