痩せるのに効果的な有酸素運動とは?

痩せるのに効果的な有酸素運動とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

体脂肪を効率よく燃やすためには、運動が必要となります。その中でも、特に有酸素運動と呼ばれるものが最も最適だと言われていますね。これは、ジョギングやウォーキング、サイクリングや水泳などの、酸素を大きく取り込みながら行う運動のことを指します。

 

通常、人がエネルギーを使う時には、筋肉中のグリコーゲンと血液中のブドウ糖を使います。しかし、さらにエネルギーが必要になった時には、脂肪を燃焼させてエネルギーに変えるようになります。このとき、脂肪が燃焼するときには、大量の酸素が必要となるんです。なので、有酸素運動をして大量の酸素を取り込むことで、脂肪が燃えやすくなるということですね。

 

ここで大切なのが、運動の強度です。短距離走や筋トレなどのハードな運動をすると、息が上がってしまうので多くの酸素を取り込むことができません。ハードな運動は、無酸素運動と言われます。これは、脂肪の燃焼に不向きなんですね。

 

だから、息が上がらない程度に軽く体を動かすような、有酸素運動をすることが大切なんです。

 


スポンサーリンク

 

運動は20分以上必要?

 

よく言われるのが、脂肪の燃焼が始まるまでに20分以上かかってしまうということです。運動の始めはエネルギーとして糖質が使われていて、それが無くなってから脂肪が使われるという理屈ですね。なので、その時間として20分以上となっているわけです。

 

しかし、最近の研究で、これは必ずしも正しいわけでは無いということが分かっています。つまり、運動の開始から20分は糖質のみが使われて、その後は脂肪のみが使われると区別されているわけでは無いということですね。

 

運動を始めると、糖質や脂肪に関係なくエネルギーに変わっていくようです。だから、10分程度の運動でも、ある程度の脂肪を燃やすことができます。

 

 

ただ、10分程度で消費できる量なんて、ごくわずかです。本気で痩せたいのであれば、最低でも30分以上は運動するべきですね。それくらいやらないと、目に見えるような効果は実感できないでしょう。だから、運動をするときには、ある程度の時間を使うようにしてください。

 

 

消費カロリーの高い有酸素運動

 

有酸素運動で、消費カロリーが高いものを紹介します。ここに掲載している運動をすることで、効率よく脂肪を燃やすことができるようになりますよ。運動は継続しないと意味がありませんから、自分が続けられるものを選ぶようにしてください。カロリーは、体重50kgの人が1時間運動した時のモノを記載しています。

 

 

縄跳び(436kcal)

 

縄跳びは、意外とカロリーが高いです。プロボクサーが練習で使ったりするくらいなので、やってみるとハードな運動なんです。効率よく汗をかくこともできるので、基礎代謝を上げるのにも最適ですね。近くの公園などで、やってみましょう。

 

 

水泳(420kcal)

 

水泳は、全身の筋肉をまんべんなく使うことができるために、消費カロリーが非常に高いです。また、体に対する負担が少ないので、リハビリなどにも利用される運動です。だから、ケガの心配が少なくて、安全に運動をすることができます。

 

足腰が弱い人であっても、手軽に取り組むことができる運動でしょう。

 

 

サイクリング(420kcal)

 

最近は、自転車がすごく流行っていますよね。オシャレな自転車なども多くありますから、そういったものを使って走ってみるのも良いかもしれません。風を切って走れば、かなり気分転換にもなります。通勤や通学などに使うのも、おススメですね。

 

 

ジョギング(368kcal)

 

有酸素運動の定番といえば、ジョギングです。お金がかかりませんし、誰でも手軽に行うことができます。体力をつけることができますから、健康のためにやっても良いでしょう。脂肪燃焼に効果的ですから、空いた時間があれば走るようにしてください。

 

 

ウォーキング(175kcal)

 

始めのうちは、ウォーキングから始めるとケガなどをする心配が無くなります。日常生活の中で、歩く機会は多くありますから積極的に歩くようにしましょう。通勤などでも、ひとつ前の駅で降りて歩いてみるのも良いかもしれません。体への負荷が少ないので、おススメの運動の一つです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク