ウォーキングのダイエット効果とは?

ウォーキングのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ウォーキングは、数あるダイエット法の中でも、最も簡単な方法だといえます。特別な道具は必要ないですし、その日からすぐに始めることができます。体力のない人でも手軽に行うことができるので、これからダイエットを始める方にはおススメです。

 

毎日体を動かすことで、足腰を鍛えて健康的な体になることができます。また、適度に筋肉を付けることもできますから、基礎代謝の向上などにも効果的です。老若男女問わず始めることができるので、まずはウォーキングからやってみましょう。

 


スポンサーリンク

 

ウォーキングがダイエットに効く理由

 

脂肪を燃やすことができる

 

ウォーキングは、有酸素運動の代表的存在です。ゆっくりと酸素を取り込みながら運動できるので、脂肪を燃やしやすいという特徴があります。毎日20分以上歩く習慣を付けるだけで、かなりの脂肪を落とすことができるはずです。

 

通勤や通学で1駅分歩くとか、少し遠回りして歩くとか、色々なやり方で歩く距離を増やすようにしてください。生活の中にウォーキングを取り入れれば、すごくやりやすいと思います。

 

 

基礎代謝のアップ

 

ウォーキングを行うことで、自律神経の調子を整えることができます。また、発汗により体温の調節機能を高めたり、血行を良くしたりもできるので、基礎代謝のアップに効果的です。日常的に消費カロリーを増やせますから、効率よくダイエットを行うことができますよ。

 

 

負担が少ないので継続しやすい

 

お金がかからずに、いつでもできるという手軽さから、ウォーキングは比較的続けやすいダイエット法だといえます。体にかかる負担も少ないので、毎日行ったとしても疲れが溜まることはありません。

 

自分のペースに合わせて行うことで、毎日の習慣にすることができるでしょう。一緒にウォーキングする仲間を見つければ、楽しく続けることができるはずです。

 

 

ウォーキングダイエットの実践

 

単に歩くだけのウォーキングですが、フォームに気を付けることで効果を高めることができます。まずは、姿勢ですね。背筋をまっすぐ伸ばして、頭の先からつま先まで一本の線が通っているように意識をします。

 

そして、親指でしっかりと地面を蹴って、かかとで着地するようにしましょう。目線を前に向けて両手を大きく振るように歩くことで、消費カロリーを高めることができます。

 

毎日続けなければ意味がありませんから、出来るかぎり時間を作って行うようにしてくださいね。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク