水泳のダイエット効果とは?

水泳のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

水泳は水の抵抗があるので、運動効果が高いことが有名ですね。陸上でジョギングなどをするよりも、多くのカロリーを消費することができます。また、浮力があるので足腰の負担が少なく、安全に取り組むことができるエクササイズです。

 

どんな泳ぎ方をしても、体全体に負荷をかけることができるので、全身の脂肪を落とすことにも繋がります。運動の効率としてはかなり高いですから、ダイエットや体力の向上のためにやってみると良いでしょう。

 


スポンサーリンク

 

水泳がダイエットに効く理由

 

エネルギーの消費が高い

 

水中は水の抵抗がありますから、陸上で体を動かすよりも消費エネルギーが多くなります。なので、同じ運動量であっても水泳の方が多くのカロリーを消費することができるということです。また、水の中に入るだけでも、体は体温を保とうとするのでエネルギーを使います。

 

ですから、短時間であっても効率よく痩せることができるというわけです。時間のない人ほど、水泳は向いているということですね。

 

 

基礎代謝を高める

 

水泳をすると、日常生活では使わないような筋肉を使います。そして、体全体に負荷がかかるので、まんべんなく全身を鍛えることができます。なので、体内の筋肉量を増やすことができ、基礎代謝を高めるのに効果的なわけです。

 

十分な筋肉量が付いてくると、日常生活でも消費カロリーが増えるので、圧倒的に太りにくい体質になることができます。リバウンドの防止にもなることですから、筋肉を付けられるように意識をしましょう。

 

 

固太りを防ぐ

 

陸上でハードな運動をすると、下半身に筋肉が付きすぎて脂肪が固くなることがあります。これは、「固太り」と言われていて、脂肪が固まってしまうと落ちにくくなってしまいます。しかし、水中であると足腰にかかる負担が少なくて済むので、固太りを起こしにくいです。

 

 

水泳ダイエットの実践

 

水泳は消費カロリーが高くて痩せやすいエクササイズですが、継続しなければ結果を出すことは出来ません。なので、出来るかぎり続けられるように工夫をすることが大切なわけです。

 

まず始めに意識することは、「やりすぎない」ということですね。最初のうちは、モチベーションが高いですから、一気に長距離を泳いでしまいがちです。でも、あまりに意気込み続けると逆に挫折の原因となります。

 

ですから、初めのうちはウォーキングなどの軽いエクササイズから、始めるようにしましょう。そうすれば、長い期間続けることができるはずです。途中で挫折しないためにも、続けることを意識しながら取り組んでください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク