背伸びのダイエット効果とは?

背伸びのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

多くの人が、普段何気なくやっている背伸び。実は、背伸びをすることで、ダイエット効果があるんです。1日のうちに何度も背伸びをすれば、ウエストを引き締めたり、基礎代謝のアップなどの効果が期待できます。

 

また、成長ホルモンの分泌を促して老化防止の効果があったり、自律神経のバランスを整えて免疫力を高めたり、腰痛や肩こりの改善など、色々な効能があるんです。背伸びをすることで得られるメリットは多いですから、暇を見つけて行うようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

背伸びがダイエットに効く理由

 

基礎代謝のアップ

 

手の平を上向きにして背伸びをすると、胸式呼吸になるので心臓に大量の酸素を送ることができます。なので、血行が促進されて基礎代謝を高めることができます。日常的に消費カロリーを高めることができますから、痩せやすい体質を作るのに有効ですよ。

 

 

お腹周りの脂肪を落とす

 

背伸びをすることで、背中にある脊柱起立筋という筋肉群を伸ばすことができます。脊柱起立筋には、褐色脂肪細胞というエネルギー消費を促進する細胞があります。なので、余計な脂肪をエネルギーに変えることができ、特にお腹周りの脂肪を多く燃やすことが可能です。

 

 

便秘の解消

 

手の平を内側に向けて背伸びを行うと、腹式呼吸になるので腸を刺激することができます。なので、腸の蠕動運動を高めることができ、便通を改善することが可能です。腸内の便を出すことで、ポッコリお腹を解消することが可能ですよ。

 

さらに、体内の老廃物も排泄して成長ホルモンを分泌させる働きがあるので、アンチエイジングに効果が期待できます。

 

 

背伸びダイエットの実践

 

背伸びは誰でもやったことがあると思いますが、正しいフォームで行わなければ効果を得ることは出来ません。なので、基本的な姿勢を覚えておくようにしてください。

 

1.基本姿勢

両足を肩幅に開いて、指を外側に軽く向けます。そして、膝は少し曲げておきます。

 

2.手の平を内側に向けて背伸び

手の平を内側にして、まっすぐ両手を伸ばします。お腹に息をゆっくり吸い込む形で、5秒ほどかけて吸ったり吐いたりを繰り返します。

 

3.手の平を上に向けて背伸び

手を組んで、手のひらを上にして背伸びをします。胸式呼吸で5秒かけて、息を吸ったり吐いたりします。

 

 

以上のように手の平の位置を変えて背伸びをすることで、腹式呼吸と胸式呼吸を行うことができます。背筋を伸ばすことで、脂肪が燃えやすくなるので毎日行うようにしましょう。また、深く呼吸をすることで、頭がスッキリしてストレスを発散することもできます。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク