スキー・スノーボードのダイエット効果とは?

スキー・スノーボードのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

冬のスポーツの定番といえば、スキーやスノーボードですよね。昔から人気が高いので、やったことがある人も多いでしょう。雪の中で滑りますが、やってみると多くの汗をかきます。また、全身が筋肉痛になることもあるので、運動量が非常に多いスポーツだといえますね。

 

実際、滑るときにバランスを取ろうとしますが、その際に全身の筋肉を使います。なので、滑っているだけでも多くのカロリーを消費しますから、ダイエット効果が非常に高いです。遊び感覚で行えますから、すごく楽しく痩せることができるでしょう。

 


スポンサーリンク

 

スキー・スノーボードがダイエットに効く理由

 

基礎代謝のアップ

 

スキーやスノーボードは、日常生活では使わない筋肉を使います。雪の上でバランスを取るときに筋肉を使いますから、全身を引き締めるのに効果的です。また、筋肉量を増やすことで基礎代謝を高めることができ、消費エネルギーを増やすことができます。

 

通常よりもエネルギーが消費されやすいので、太りにくく痩せやすい体質になることができるわけです。急に体重が増えてしまう心配も無くなりますから、基礎代謝を高めることは大切です。

 

 

脂肪の燃焼

 

雪の斜面を歩くと、普通の道よりも多くのカロリーを使います。なので、普通に歩くだけでも、脂肪の燃焼に繋がるわけです。ゆっくり息を吸い込みながら体を動かせば、有酸素運動になるので効率よく脂肪が燃やせます。

 

リフトを使わずに歩いてゲレンデを上れば、かなりの運動量になるはずです。歩く距離を意識的に増やして、脂肪を燃やせるようにしましょう。

 

 

エネルギー消費が高い

 

雪山に長時間いると気温が低いですから、体温維持のためにエネルギーを使います。身体が冷えてしまわないように、本能的に温まろうとするからです。ですので、その場にいるだけでエネルギーを消費することができ、ダイエット効果があります。

 

そして、雪の上を滑ることでもエネルギー消費できるので、相乗効果で痩せられるわけです。圧倒的に痩せやすい環境ですから、ダイエット目的でやってみるのも良いですね。

 

 

スキー・スノーボードダイエットの実践

 

必要な道具をそろえたら、ゲレンデに行って滑りましょう。道具はレンタルでも良いですし、初心者ならインストラクターの指導を受けることもできます。すごくメジャーなスポーツなので、誰でも手軽に行える設備は整っています。

 

気の合う友達と一緒にゲレンデへ行って、汗を流してみましょう。毎年ゲレンデに向かう習慣を付ければ、痩せやすい体質になっていくはずです。冬場は外に出る機会が減って太りがちなので、スキーやスノーボードを行うのはすごくおススメですよ。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク