ランニングのダイエット効果とは?

ランニングのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

有酸素運動の王道ともいえるランニングは、脂肪燃焼の効果や心肺機能の向上に高い効果があります。昔からある古典的な方法ですが、確実な効果が得られるので最近ブームになっています。皇居の周りを走る人などが、ものすごい勢いで増えていますね。

 

早朝や仕事終わりなど、暇を見つけて走るようにしてください。そうすることで、基礎代謝が高くなってスリムな体型になることができますよ。ここでは、ランニングによって得られる効果について解説をしてきます。

 


スポンサーリンク

 

ランニングがダイエットに効く理由

 

脂肪を燃焼させる

 

ランニングは、有酸素運動ですから脂肪の燃焼効果が高いことで知られています。有酸素運動を行うことで、皮下脂肪と内臓脂肪の両方を減らすことができるので、メタボなどの生活習慣病の予防などにも繋がります。

 

 

基礎代謝のアップ

 

毎日ランニングを行うことで、足腰や腹筋、背筋などを鍛えることができます。筋肉量が増えることで引き締まった体型になることができますし、基礎代謝がアップして消費エネルギーを増やすことが可能です。

 

また、心肺機能を高めることで全身の血行が促進されるので、基礎代謝を高めるの効果的な役割を果たします。

 

 

デトックス効果

 

数十分ランニングを行えば、じっとりと汗が出てくるはずです。汗をかく習慣を付けることで、体内の老廃物を排出することができますから、むくみの解消や美肌効果が期待できます。また、アンチエイジングの効果もあるので、美容に関心がある人はやってみてください。

 

 

続けやすい

 

ランニングは、時や場所を選ばずに行うことができます。好きな時に好きなだけ行うことができるエクササイズですから、負担が少なくて続けやすいメリットがあります。また、お金もかからない方法ですから、経済的に圧迫されることもありません。

 

これほど効率的なエクササイズはありませんから、しっかりと継続できるように頑張りましょう。

 

 

ランニングダイエットの実践

 

ランニングは、速く走る必要はありません。他人と会話しながら走れるくらいのペースで、ゆっくり走るようにしてください。そうすることで、体内の脂肪が燃えやすい状態になりますから、効率よく痩せることができるようになります。

 

有酸素運動ですから、最低でも20分以上は行うようにしてください。脂肪が燃え始めるまでに時間が掛かりますから、20分以上の運動が必要なわけです。なので、出来れば30〜60分くらいは走るようにしましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク