風船のダイエット効果とは?

風船のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

風船ダイエットとは、風船を膨らませるだけの簡単なダイエット法です。息を吸って吐くことを繰り返すことで、腹式呼吸となってお腹周りの脂肪を減らすことができます。また、腹式呼吸をすることは、免疫力を高めたり安眠効果まであるので、健康にとってもかなりおススメです。

 

呼吸法というのは、ダイエットにとってすごく重要なものです。体の代謝を高めて脂肪が燃えやすい状態にすることができるので、常に意識をしたいですね。ロングブレスダイエットという方法も昔流行りましたが、呼吸によってダイエットは可能だということです。

 


スポンサーリンク

 

風船がダイエットに効く理由

 

お腹周りのシェイプアップ

 

風船を膨らませるという行為は、有酸素運動となります。やってみると分かりますが、意外と疲れます。思いっきり息を吐き続けると、大きなエネルギーを消費することができるわけです。有酸素運動は長時間行うことで効果が得られるものですから、出来るだけゆっくりと風船を膨らませるようにしてください。

 

腹式呼吸なので、お腹の皮下脂肪に作用します。20分以上かけて何度も膨らませれば、お腹周りの脂肪を効果的に燃やすことができます。

 

 

食欲を抑える

 

体が冷えてしまうと、人の身体は体温維持のために体脂肪を溜めこもうとします。なので、食欲が増してしまって、どんどん食べたくなります。一方、体を温めて体温を下げなければ、食欲は抑えられて少ない食事でも満足できるわけです。

 

そこで、風船が役に立ちます。風船を膨らませることで、腹筋や肺などを活性化することができます。さらに、空気をたくさん吸い込むことで、血行が促進されて体を温めることができます。だから、風船を膨らませることで、食欲の抑制になるわけです。

 

 

便秘の改善

 

お腹に息を溜めて吐き出すようにすれば、腸などの内臓を刺激することができます。なので、腸の蠕動運動が活発になって、便通を改善させることができるわけです。溜まった便が排泄できれば、腸の消化能力も高まります。なので、余計な脂肪を溜めこまない体質にもなれますよ。

 

 

風船ダイエットの実践

 

風船は、ゴムが厚いものを用意してください。負荷が適度にかかるので、エクササイズの効果が高くなります。ダイエット用に作られた風船などもありますから、そういったものを利用するのも良いかもしれません。

 

■風船の膨らませ方

  1. お腹に大きく息を溜めるように吸い込みます。
  2. 限界まで息を吸ったら、そのまま3〜5秒ほどキープ。
  3. 息を大きく吐き出し、一気に風船を膨らませる。
  4. 上記を繰り返して、風船が直径30センチほどになるまで続ける

 

このように、風船を1日に30回ほど膨らませるようにしてください。かなりエネルギーを使いますから、相当なカロリーを消費することができるはずです。毎日続けることで、効率よく脂肪を燃やすことができますよ。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク