ダイエットシェイクの正しい飲み方

ダイエットシェイクの正しい飲み方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

どのように飲めば、ダイエットシェイクで痩せることができるのか。

 

何も考えずに飲み続けていても、思ったように結果が出ないことがあります。

 

そこで、しっかりと痩せることが出来るように、ダイエットシェイクの正しい飲み方をレクチャーしていきます。

 

 

まずは朝食から

 

シェイクを使ってダイエットをする場合、いくつかのプロセスがあります。

 

  1. 朝食をシェイクにして、昼と夜は普通食にする。
  2. 朝と夜は普通食にして、昼食をシェイクにする。
  3. 朝と昼は普通食にして、夕食をシェイクにする。

 

上記の3つの段階を経て、進んでいくのが一般的ですね。

 

基本的に、食事によるカロリーは、「朝食 < 昼食 < 夕食」の順番で大きくなります。

 

夕食が一番カロリーが大きいので、これをシェイクに置き換えれば、
最もダイエット効果が高いことになります。

 

 

しかし、いきなり夕食の置き換えをすると、体の負担が大きいですから、
長続きしない可能性が高いと思います。

 

なので、一番負担の少ない朝食から置き換えることをおススメします。

 

 

それが慣れてきたら、昼食へ移行します。

 

そして最後に、夕食を置き換えるといったプロセスが一番いいですね。

 

 

より効果を上げるために

 

夕食の置き換えまで進んで慣れてきたら、
1日2食の置き換えにもチャレンジしていきましょう。

 

朝と昼をシェイクにして、夜は普通食にする。
朝と夜をシェイクにして、昼を普通食にする。

 

など、自分なりに工夫をしてシェイクを取り入れていきます。

 

こうすれば、劇的に摂取カロリーを減らせるので、高いダイエット効果が期待できますよ。

 

 

ただし、3食すべてをシェイクに置き換えることは絶対にやめてください。

 

さすがにシェイクだけだと栄養が足りませんし、健康を害する危険もあります。

 

なので、最大でも1日2食までにとどめてくださいね。

 

それだけでも、十分に結果を出すことが出来ますよ。

 

 

続けられないなら、やらないほうがマシ

 

ダイエットは、継続することに意味があります。

 

どれだけやる気があったとしても、すぐに止めてしまったら何の意味もありません。

 

 

だから、無理をせずに自分に余裕がある形で取り組むようにしてくださいね。

 

最低でも3か月は続けないと、思うような結果は出ません。

 

これは、覚えておくようにしてください。

 

 

まとめ
  • まずは負担の少ない朝食から置き換えてみる
  • 慣れてきたら、1日2食に挑戦してみましょう
  • 続けることが何よりも大切なことです



このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク