プチシェイクとデメリットについて

プチシェイクにデメリットはあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

オルビスのプチシェイクは、累計で1億食以上売れている人気商品です。

 

150kcalしかなく、値段も1食190円とかなり安いです。

 

大手化粧品メーカーのオルビスの商品ですから、信頼性も高いですね。

 

だから、これだけの人気があるんでしょう。

 

 

でも、良いことばかりではありません。

 

どんな商品であっても、長所と短所があります。

 

もちろん、デメリットは存在するので、知っておくようにしてください。

 

 

最大の欠点は、腹持ちが悪いこと

 

プチシェイクは、他社のシェイクと比べても、容量が極端に少ないです。

 

牛乳で割った状態で200ccしかありません。

 

通常のダイエットシェイクですと、400ccくらいです。

 

正味で半分の容量しかないわけですね。

 

なので、腹持ちがすごく悪かったです。

 

 

実際に飲んでみましたけども、2時間程度しか持ちませんでした。

 

これって、ダイエットシェイクとしては致命的な欠点ですね。

 

 

置き換えダイエットは、食事の代わりにシェイクを飲んでカロリーを抑えます。

 

だから、腹持ちが良くないと、次の食事まで耐えられないわけです。

 

お昼に飲んだとしても、3時くらいにはお腹が空いてしまいます。

 

かなり厳しいですよね。。。

 

 

補助的に使うのが良いかも

 

プチシェイクを使う時には、メインで使用することはおススメしません。

 

これだけだと、おそらく耐えられないでしょう。

 

 

なので、補助的な役割として使うのが良いと思います。

 

メインで使用するのは、美容液ダイエットシェイクやマイクロダイエットなどが良いでしょう。

 

 

途中でどうしても小腹が空いた時などに、プチシェイクを利用します。

 

こういうやり方なら、カロリーが抑えられて、ダイエット効果も高くなるはずです。

 

 

参考にしてみてください。

 

 

プチシェイクの購入レビューはこちら

 

 

まとめ
  • プチシェイクは、そのままでも痩せることが出来る
  • 簡単なエクササイズを取り入れると効果的



このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク