ダイエットシェイクとリバウンドについて

ダイエットシェイクで、リバウンドしてしまうのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ダイエットシェイクを使うと、リバウンドしやすいという噂があります。

 

これは、半分正解で、半分間違いです。

 

リバウンドをするかどうかは、本人の裁量によるということです。

 

ダイエットシェイクを使っても、自己管理をすれば太ることはありません。

 

 

リバウンドの原理とは

 

そもそも、リバウンドをしてしまう原理を知っていますか?

 

リバウンドとは、「跳ね返る」という意味です。

 

ボールを地面に落としたら、跳ね返りますよね。 これも、リバウンドなんです。

 

 

この理屈を知っていると、リバウンドを正しく理解できます。

 

たとえば、高い所からボールを落とせば、大きく跳ね返りますよね。

 

高さに連動して、跳ね返りも大きくなってしまうということです。

 

 

しかし、低い所から落とすと、そんなに跳ねかえりません。

 

高さが無いわけですから、反動も少ないということですね。

 

これが、リバウンドの原理です。

 

 

ダイエットだって、これと同じことが起きるんです。

 

仮に、ダイエットシェイクを使って目標の体重まで落ちたとしますよね。

 

しかし、それで安心して、すぐに元の食事に戻してしまったら、
リバウンドする確率はかなり高い状態となります。

 

なぜなら、反動が大きいからですね。

 

摂取カロリーが急激に増える状態となるので、その反動で一気に太ってしまうわけです。

 

 

つまり、高い所からボールを落とした状態です。

 

これだと、せっかく痩せても全く無意味となってしまいます。

 

 

食事はゆっくり戻そう

 

じゃあ、どうすれば、リバウンドせずに済むのか?

 

その方法を紹介しますね。

 

 

ズバリ、食事の量をゆっくりと戻すことです!

 

これに尽きます。

 

 

目標体重に到達したときに安心して食べすぎるのではなく、
ゆっくりと食事量を増やすようにしてください。

 

理想を言うと、2週間くらいかけて、徐々に増やすということです。

 

具体的には、3日に1回は普通の食事に戻し、残りはシェイクを飲む。
それから1週間後に、2日に1回普通の食事に戻し、残りはシェイクに。

 

このように、徐々に元の食事に戻す工夫をしましょう。

 

そうすれば、低い所からボールを落とした状態になります。

 

なので、反動が少なくてリバウンドをする確率が低くなるということですね。

 

 

毎日体重計に乗る

 

もうひとつ、リバウンドを防止する方法を紹介します。

 

出来るかぎり、体重計に毎日乗るようにしてください。

 

これをするだけで、リバウンドを防ぐことが出来るようになります。

 

日々の体重の推移を確認していけば、仮に太ったとしてもすぐに気づきますよね。

 

そうすれば、また対処することができます。

 

 

一番ダメなのが、太ったことに気付かないということです。

 

知らないうちにドンドン太ってしまい、取り返しのつかない状態となります。

 

なので、毎日体重計に乗って確認するようにしてください。

 

 

一定のペース配分を守る

 

上記でリバウンドの起きる原因を紹介しました。

 

特に、急激な食事量の変化を起こさないように気を付けるようにしましょう。

 

それをするだけで、リバウンドは簡単に防ぐことができます。

 

 

そのために、一定のペース配分を守るということが重要となりますね。

 

暴飲暴食はしないようにしましょう。

 

自己管理をちゃんとしていれば、絶対に太ることはありません。

 

 

毎日、気を付けて管理するようにしてくださいね。

 

 

まとめ
  • 食事量は、急激に増やさないようにする
  • 体重計に毎日乗って、日々の進捗を確認する
  • 一定のペースを守って、食事をするようにする



このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク