ダイエットシェイクと腹持ちについて

ダイエットシェイクは、腹持ちが良いの?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ダイエットシェイクって飲み物だし、すぐにお腹が空きそうなイメージがありますよね。

 

水と一緒で、お腹に残らずに流れてしまいそうですし。

 

こんなので、ちゃんと食事代わりになるのかと、不安に思っている人も多いかもしれません。

 

そこで、実際に飲んでみた感想を紹介しますね。

 

 

意外と我慢できるもの

 

複数社のダイエットシェイクを飲み比べた結果ですが、
結構お腹が満たせるなという感想を持ちました。

 

飲んだ瞬間からお腹に溜まる感じがあって、長時間お腹が空くこともありません。

 

 

5時間くらいなら、余裕で持ちますね。

 

私の場合、お昼にシェイクを飲んでいたんですが、
夕方になるまで、空腹を感じることはなかったです。

 

ただ、夕食の前に、少しお腹が空くときがありました。

 

いつも7時くらいに夕食だったので、2時間ほど空腹の時間があった感じです。

 

 

私は気合いで乗り切りましたけど、
我慢できない人であれば、軽い間食をした方がいいかもしれません。

 

 

複数回に分けて飲むのもあり

 

少しでも腹持ちを良くしたいのであれば、複数回に分けて飲むと効果的ですよ。

 

そうすると、格段に腹持ちが良くなる傾向にあります。

 

 

具体的に紹介しますね。

 

まずは、お昼に半分の量でシェイクを作って飲みましょう。

 

 

それだけで、3時間程度は持つはずなので、
また、お腹が空いたら残りの半分を飲むようにします。

 

食事の量が変わらずに回数だけ増える形なので、余計なカロリーを摂取する心配がありません。

 

ちょっとした裏ワザです。

 

これだと、夕食までなんとか我慢できるでしょう。

 

 

水を少なめにしてみる

 

また、水の量を減らしてみることも有効ですね。

 

通常はシェイクを作る際に、200〜300ml程度の水を使います。

 

それだと、シェイクがサラサラしているので、お腹の中に溜まりにくいんですね。

 

 

しかし、水の量を150〜200ml程度に減らすことで、
ドロッとしたシェイクを作ることができます。

 

そうすれば、胃の中に長時間残りやすくなるんです。

 

こういった対策をすれば、長時間でも耐えられるようになります。

 

 

以上のように、少しの工夫をすれば、腹持ちは改善することが出来ます。

 

ちゃんと続ければ、絶対に痩せますから頑張っていきましょう♪

 

 

まとめ
  • 5時間程度なら、十分に耐えることが出来る
  • 複数回に分けて飲むと、腹持ちをキープできる
  • 水の量を減らすことで、お腹の中に残りやすくなる



このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク